銀行比較

新生銀行住宅ローン研究!金利本当に安い?【トータルでお得とは】

新生銀行住宅ローンは結局何がお得なの?

イメージ新生銀行のパワースマート住宅ローンはトータルでお得!

具体的には何がどんな風にお得なのかな?と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは、新生銀行住宅ローンのお得なポイントをしっかりと検証していきます。

■ 諸費用が安いから新生銀行はトータルでお得!

新生銀行住宅ローンを借りるために必要な手数料や諸費用を調べると、6つの0円という言葉がでてきます。

これは

  1. 保証料
  2. 一部繰り上げ返済手数料
  3. コントロール返済手数料
  4. 団体信用生命保険料
  5. 団体信用介護保証保険料
  6. ATM手数料

の6つが無料(0円)ということ。

特に団信保険料と保証料が0円のメリットは非常に大きくなります。さらに、事務手数料は

54,000円~162,000円と定額で低く抑えられていることも見逃せません。

たとえば団信保険料・保証料が必要で事務手数料定率の他行の住宅ローンとシュミレーションで比較してみましょう。

3000万円を返済期間30年で借りた場合、借り入れで必要な諸費用は最大でなんと230万円も安くなるという結果が出ました。

この諸費用の差は見逃せないほど大きいもの。だから新生銀行はトータルでお得なのです。

ao01shinsei

新生銀行住宅ローン審査の特徴は?

相談員
都市銀行より断然お得!!

都市銀行でもなく地方銀行でもない「新生銀行」が提供している住宅ローンサービスは、一般の銀行はもちろんのこと、お得な住宅ローンの代名詞だったフラット35よりも、さまざまな点でお得になっています。

まず、住宅ローンを組む時にどうしても発生する初期費用ですが、新生銀行の「パワースマート住宅ローン」では、事務手数料は54,000円~162,000円と低くなっており、さらに団体信用生命保険料は銀行負担なので必要ありません。

団体信用生命保険は、万一の事故や病気に備えてのものなので、ないと不安ですね?

でも、パワースマート住宅ローンでは、団体信用生命保険への加入が不要というのではなく、その保険料を新生銀行が負担するので、安心して住宅ローンに申し込めます。

一般的なシミュレーションによると団体信用生命保険が無料というだけで、他の銀行などよりも50万円以上、フラット35との比較だと、230万以上もお得になる場合もあるんだそうです。

■ 審査基準が比較的緩い!

銀行の住宅ローン審査は、厳しいというのが常識です。たとえば、たいていの銀行の審査基準では、勤続年数は3年以上ないといけません。

また、一般的にいえば条件がよい住宅ローンほど審査は厳しくなる傾向にあります。条件のよさを実現するために、高付加価値のサービスを提供したり。金利や手数料を低く抑える必要があるため、銀行としてはどうしても薄利多売で利益を上げなければいけません。

ローンが返済できなくなったなどのトラブルがあった場合、大きな損となります。そんな問題を未然に防ぐためにも住宅ローン審査基準が厳しくなるのです。

しかし新生銀行の場合は、勤続年数は2年以上でOKで、この2年間で転職していても、空白期間がなければ問題ありません。

また、自営業の方は、開業して2年以上経過していて、2年間の平均所得が300万円以上であれば、審査基準を満たしています。サラリーマンなど給与所得者の場合も年収300万円から申し込みができるため他の銀行と比較しても甘めということはいえるでしょう。

ネット専用銀行と違って、新生銀行は店舗も構えているので、実際に対面で相談ができるのも強みです!他の銀行などで住宅ローン落ちた人も、あきらめずにもう一度、新生銀行の住宅ローンに申し込んでみてはいかがでしょうか?

ao01shinsei

新生銀行住宅ローンその他のメリット!

030上記以外にも新生銀行パワースマート住宅ローンには多くのメリットがあります。

■ 安心パックW

安心パックWは借り入れ時の事務取扱手数料が162,000円になりますが、それ以上の大きなメリットを受けることができる非常にお得なサービス。

特約のひとつなのですがこれを申し込むと、パワースマート住宅ローンに「団体信用介護保障保険」「コントロール返済」そして「病児保育サービスと家事代行サービス・ハウスクリーニングサービス」(地域と回数限定サービス)が付帯します。

コントロール返済とは、余裕のあるときに繰り上げ返済をこまめにしておき返済期間を短縮、そして収入が変動したり、支出が増えたりといったピンチのときに短縮しておいた期間の分は利息の支払いだけにできるというもの。繰り上げ返済はもちろん手数料0円です。

これは従来からあった、月々の返済額を低くしておいて、積極的に繰り上げ返済を行い将来のリスクに備えるという考え方をさらに積極的に進め、より将来のリスクに備えやすくなったといえます。

安心保証付団信(団体信用介護保障保険)は将来要介護状態が180日以上継続した場合、または介護保険制度の要介護3以上に認定された場合住宅ローンの残高が保険金で支払われるというもので、老後のリスクにしっかりと備えることができるというものです。

新生銀行住宅ローンはこれから先のリスクにしっかり備えていくことができるというメリットがあるのです。

■ 審査が1回!

新生銀行住宅ローンは仮審査がなく、1回の審査で借り入れができるので審査の手続きが非常にスムーズになっています。

  1. WEBまたは郵送で申込書の提出
  2. 郵送で審査に必要な書類を提出
  3. 審査結果を受けて契約内容の確定
  4. 来店により契約

という流れで融資実行となるので手間がかかりません。

ao01shinsei
住宅ローン選ぶなら?

じぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

じぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

au住宅ローン

  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印

au住宅ローン公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン

  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ