シミュレーション・計算

住宅ローンシュミレーションで審査対策!【失敗を防ぐコツ!】

イメージ画像

マイホーム獲得の第一歩は、住宅ローンシュミレーション?

低金利時代が続いていることや、住宅販売価格も底値に近くなってきていることから、「今こそマーホームを獲得するチャンス!」と前向きに考えていらっしゃる方が増えています。

金融機関の住宅ローン相談窓口は、どこも混雑していますし、住宅ローンに関する書籍などもかなり売れていという話も耳にします。

マイホームを購入するのに必要なのは、住宅ローンの審査に通ることであるのは言うまでもありませんが、これを実現するのは、お金と知識だけではありません。

重要なのは、住宅ローンを組んだ後のマネープランも考えた上での「住宅ローンシュミレーション」です。

目先の物件やじぶんの理想につられて、無理な住宅ローンを組んでしまったばかりに、生活がひっ迫してマイホームを手放すことになったという人は、少なくありません。

また、きちんとした住宅ローンシュミレーションを行なうことが、金融機関における審査でも大きくプラスにはたらきます。
とはいえ、”きちんとした住宅ローンシュミレーション”を行なうには、それなりの知識とコツが必要です。

そこで当サイトでは、皆さんのマイホーム獲得にお役に立つ知識やコツを伝授するのはもちろんのこと、最新の金融機関のサービスや厳選したおススメ銀行の紹介も行なっています。

住宅ローンシュミレーションのカテゴリーを一通り読んでいただければ、住宅ローン審査の通過率も上がるでしょうし、マイホームを獲得した後の生活にも、ゆとりが生まれるハズですよ!

■なぜ、住宅ローンシュミレーションが必要なのか?

金融機関は、何十年もの長期にわたる返済になる多額の融資をするワケですから、住宅ローン申し込み者をさまざまな観点から審査しなくてはいけません。

ローン申し込み者が、金銭面には問題なく、頭金を多く用意していても、住宅ローンの返済中に職を失ったり、健康を害したりして収入が絶たれることだって考えられますし、他社からの無駄な借り入れを増やし、住宅ローンの返済ができなることも考えられます。

したがって、住宅ローンの審査においては、経済力はもちろんのこと、健康面、信用度もチェックされます。

信用度とは、現在勤めている会社に継続して勤務するかとか、住宅ローンの融資を受けた後、借金を増やさない人物であるか、といったことです。
こうしたチェックポイントは、健康状態(過去に罹った病気も含む)、これまでの経歴、現在の他社からの借り入れ状況などが判断材料になりますが、住宅ローンシュミレーションを行っていることが、信用度において大きなプラス材料になります。

金融機関側から見れば、「住宅ローンを借りた後のプランをしっかり立てる、お金に几帳面な人」と判断されるので、住宅ローンシュミレーションは、必ず行いましょう!

■住宅ローンシュミレーションを行うには?

住宅ローンシュミレーションをする時に必要なのは、住宅ローンに関する知識です。

マイホームを購入する時にかかる費用というのは、住宅の販売費だけでなく、さまざまな保険料や手数料など、かなりの額になります。

また、マイホームを購入した後も、管理費や修繕費、固定資産税なども掛かりますので、こうした費用も頭に入れておかなくてはなりません。

さらには、金利タイプの選び方で、住宅ローンの支払総額も変わってくるので、この点も抑えておかなくてはなりません。
住宅ローンに関する知識がまったくない方でしたら、こうした知識を一から身に付けるのは大変と感じてしまうかもしれませんが、

その点は、ご安心ください!

このサイトには、住宅ローンシュミレーションをしたり、”得をする住宅ローン”を選ぶための知識がつまっていますので、できれば全てのページを読んでいただくことをおすすめします!

サイトを読んでゆくうちに、現在、金融機関に住宅ローンの相談をしている方も、これから金融機関を選ぼうと考えている方も、自分の将来的なプランに合った、そして、他の金融機関よりもかなりお得な金融機関が見つかるハズです!

イメージ画像

住宅ローン金利のシュミレーション!【固定と変動の違いは?】

■住宅ローン金利、固定と変動どちらを選ぶ?

金融機関から融資を受ける場合の金利は、あらかじめ決められているケースがほとんどです。

しかし住宅ローンの場合は、決められた期間の金利が一定で変わらない固定金利タイプと、経済の状況やプライムレートの変動に合わせて半年ごとなど短期間で変わる変動金利タイプの二つがあります。

この「固定金利」「変動金利」の2つのパターンを組み合わせた金利もあります。

●固定金利

住宅ローン申し込み時に固定した金利で、一定の期間やローンの完済時まで支払いをするタイプです。

経済の状況が変化しても金利が上がったり下がったりすることがないので、当初の住宅ローンシュミレーション通りにマネーライフが送れるというメリットがあり、安定しているといえます。

経済情勢の悪化などで、金利が上がるのでは?、なんてハラハラしなくて済みます。しかし、今後の金利がさらに低下した場合でも最初に決められた金利のままなので住宅ローンの支払総額が下がることはありません。

●変動金利

固定金利と反対に、半年ごとに金利が見直されるタイプで、金利が下がれば住宅ローンの支払総額が下がります。

逆に、金利が上がれば支払総額が上がりますし、月々の返済額は、元の返済額の1.25倍までと決められているのですがで、その額を超えて金利が上がってしまった場合、未払いの利息が発生するリスクがあります。

■安定を選ぶか?お得になる可能性を選ぶか?

●固定金利選択型

住宅ローンの支払いが始まって数年間は固定金利にして、その後、固定金利を継続するか、変動金利に変更するか選択するタイプです。
金利の動きというものは、経済評論家でも読みにくいものと言われていますが、過去の変動が参考になることもあります。

安定志向の方でしたら固定金利を、経済や政治に詳しい方は、変動金利を選ぶというのも一つの手でしょう。

固定金利がいいのかそれとも変動金利がいいのかという問題についてはほとんどの人が迷うと思います。

その場合でも役に立ってくれるのが住宅ローンシュミレーションです。

全期間固定の場合のシュミレーションと、変動金利で金利が上がっていく場合のシュミレーションを行ってトータルではどちらが得することになるのかを比較すれば自然と金利タイプの選択も決まります。

今後どれくらい金利が上がれば、現在の固定金利の場合のシュミレーションより損になるのかということを調べることで、今後の金利の動向がわからなくてもある程度の判断ができるはず。

住宅ローン金利シュミレーションはそれぞれの銀行のサイトでも簡単に利用することができますから、まずはそれを試してみて、自分にあった金利タイプを考えてください。

単なるイメージではなく具体的なシュミレーション結果を元にして判断することが大事です。

住宅ローン選ぶなら?

じぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

じぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

au住宅ローン

  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印

au住宅ローン公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン

  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ