みずほ銀行カードローン口コミで評判の「即日審査」そのメリットは?

銀行カードローンの中でも、インターネットの口コミで評価がトップクラスのみずほ銀行カードローン。

 

低金利、高額融資が最大の魅力である銀行のローンサービスに、審査結果を借り入れ申し込み当日に出すという、「即日審査サービス」が加わったことが、みずほ銀行の評価を高めた要因となっているようです。

 

このサービスは、平日の申し込みであれば、9時〜20時の間に審査結果を出すというサービスですが、必ず、その日のうちに審査が結果が出るというものではありません。

 

借り入れの申し込みが殺到する日は、審査に時間がかかるので、その日のうちに審査結果が出ないこともあり、インターネットの口コミを見ると、1,2日後の回答となることもあるようです。

 

実際に、みずほ銀行のコールセンターに問い合わせてみても、即日審査はいつでも保証されるものではないと伝えられます。

 

それでも、ひと昔前の銀行カードローンに比べれば、最低当日、長くても2・3日で審査結果が出るサービスは、銀行としては画期的な進歩だと言えます。


みずほ銀行カードローンは申し込みが殺到する日を避けるのがベター!

みずほ銀行カードローンの申し込みが殺到する日とは?

 

それはまず、週明けです。

 

みずほ銀行のローン受付窓口は、土日が休業日なので、この二日間に申し込んだ人の審査が、週明けの月曜日に集中します。

 

もうひとつ、給料日前も申し込みが殺到する時期です。

 

この2つのタイミングを避けて申し込めば、最短で審査結果が出ることでしょう。

みずほ銀行カードローンなら最短即日審査!

みずほ銀行審査時間長い?メリット口コミ中!【即日審査できる?】記事一覧

消費者金融やクレジットカード会社のホームページを見ると、借り入れをした時に適用される金利は、5%〜18%などと書かれています。初めて金融機関から借り入れをする方でしたら、この表現だと、自分がどのぐらいの金利が適用されるか分かりませんよね?みずほ銀行カードローンはどうかというと、こちらも3.0〜13.0%と書かれています。ただし!同じページ内に、借り入れ金額ごとに適用される金利が、分かりやすく記載さ...

みずほ銀行カードローンは、低金利で融資サービスを提供しているため、消費者金融やクレジットカードよりも審査は厳しいようです。金融会社の融資は、総量規制という決まりにしたがって、年収の3分の1までと決められています。この額は、1社が融資する金額ではなく、1個人が借り入れをしている総額で、たとえば、年収500万円の人が融資を受けられる額の上限は150万円で、これ以上の融資をした金融会社は罰せられます。こ...

金融会社からお金を借りる時は、誰もが支払利息をなるべく低くしたいというのが本音ですよね?でも、消費者金融やクレジットカードなどから借り入れをすると、年利が高いために、毎月の支払いが終わっても、元本がなかなか減ってゆきません。それもそのはず、たいていの消費者金融の金利は、年利で18%ぐらいなので、借り入れが多くなれば毎月の支払い利息も多くなり、完済した時に計算してみると、とてつもない額の利息を払った...

派遣社員や契約社員として働いている自分が、果たして、みずほ銀行カードローンに審査に通るのか?インターネットの口コミサイトなどを見ていると、こんな疑問を持っている方が多いようです。でも、安心してください!雇用形態が社員ではなくても、みずほ銀行カードローンの申し込みは可能で、一定の基準を満たしていれば審査にも通ります。まず、派遣社員の方の場合ですが、雇用期間がしっかりと決められているので、みずほ銀行で...

個人事業主や経営者でも、みずほ銀行カードローンが申し込めるか?インターネットの口コミを見ると、こうした質問を多く見かけますが、結論から言いますとOKです。ただし、1つだけ条件があります。それは、借り入れの目的が事業資金ではないということです。みずほ銀行カードローンは、個人を対象にした融資サービスで、法人向けのサービスではありません。したがって、、個人事業主の方がオフィスを借りる、コピー機やパソコン...

みずほ銀行カードローンは、申し込みに性別を問いません。最近では、女性の独身率が高くなっていて、30代、40代になっても仕事を続けている方が多いです。このように、安定した仕事に就いていれば、みずほ銀行カードローンの申し込みは、OLの方でもできますし、年収が高くて他社からの借り入れも少なければ、高額の借り入れも可能になります。また、OLの方の場合も年齢を重ねるにつれて、まとまったお金が必要になるシチュ...

兼業主婦の方は、ご主人の収入とは別に個人としての収入があるので、みずほ銀行カードローンに自分名義で申し込めます。もちろん、審査基準は正社員や派遣社員の方などと同じで、安定した仕事に就いていること、他社からの借入額が基準以下であること、過去に金融事故を起こしていないこと、などです。ちなみに金融事故とは、クレジットカードなどの支払い遅延や、任意整理、自己破産などです。こうした過去が一定の期間内にあれば...