みずほ銀行住宅ローン

みずほ銀行が提供するフラット35はこんな住宅ローンです!

今回は、みずほ銀行が提供するフラット35という住宅ローンについてご紹介したいと思います。

 

 

フラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している住宅ローンです。

 

 

フラット35は住宅金融支援機構の前身である住宅金融公庫時代に開発された住宅ローンですが、住宅金融支援機構に移行して、多少しくみが変わったものの、基本的には、最長35年のローン返済期間中にわたる長期固定金利を、比較的低金利で提供しています。

 

フラット35には、「買取型」と「保証型」という2種類のローン方式があります。

 

保証型を提供している金融機関は三菱東京UFJ銀行のみで、みずほ銀行を含め他の銀行では、買取型を提供しています。

 

買取型のフラット35では、住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買い取ります。その債権を証券化して投資家に発行するという仕組みで資金を集めています。

 

住宅ローン金利ランキングによるとみずほ銀行のフラット35には、以下のような特徴があります。

 

長期固定金利
フラット35では、最長35年のローン返済中、金利が一定です。世の中の景気動向に左右されることなく、計画的な支払いを行なうことができます。一般に、長期固定金利は金利が高いですが、フラット35では住宅金融支援機構との提携によって、比較的低金利に抑えられています。

 

保証料が無料
一般的な住宅ローンでは、債務の連帯保証人をたてるかわりに、保証会社による保証をうけます。その際、保証会社に保証料を支払う必要がありますが、フラット35では住宅金融支援機構が保証会社の役割をしますので、保証料を支払う必要がありません。

 

繰り上げ返済手数料が無料
住宅ローンの支払額を抑える方法として、月々のローン返済以外に、繰り上げ返済を行なう方法があります。繰り上げ返済を行なうと、支払い期間の見直しや月々の支払額の見直しを行なうため、金融機関や保証会社に繰り上げ手数料を支払わなければならない場合がありますが、みずほ銀行のフラット35では、繰り上げ返済手数料が無料となっています。

 

ローン対象とする住宅の幅が広い
みずほ銀行独自の住宅ローンも含めて、一般的な住宅ローンでは、本人居住用の土地・住宅のみがローンの対象になっていますが、みずほ銀行のフラット35では、セカンドハウスもローンの対象に含めることができます。

 

団体信用生命保険
一般的な住宅ローンでは、団体信用生命保険の加入は必須ですが、保険料は金融機関が支払います。フラット35では、団体信用生命保険の加入は任意です。そのかわり、保険料は債務者が支払う必要がありますので、総支払額を検討するときには注意が必要です。