住宅ローン審査研究

住宅ローン審査基準を知りたい!甘い銀行は?【審査で比較!】

008

住宅ローンの審査基準は?

民間住宅ローンの審査で最も厳しくみられるのが、他での借り入れ金があるかどうかです。

借り入れ金というと大げさに聞こえますが、普段のショッピングで使うクレジットカードの請求や、大きな買い物、たとえば車などのマイカーローン、そのほかにも信販系のクレジット、消費者金融のキャッシングなどが個人の借り入れ情報としていろいろな情報機関に保管されています。

情報機関でのデータ保管期限は5年間です。5年たつとデータは抹消されます。

もし、過去にクレジットカードやローン返済において返済が滞っていたりすると事故扱いにされて5年間は住宅ローンが組めないという場合もあります。

だからといって「審査に不利になるから・・」との理由でたとえ嘘をついたとしても金融機関が情報機関にデータを照会してしまえばすぐにばれてしまうことですから、必ず正直に申告するようにしてください。

普通のクレジットでの翌月払いの支払いについては審査に影響することはまずありませんが、信販やリボ払い、マイカーローンの残高については住宅ローンの融資金額に多少なりとも影響してきます。

また、キャッシングに関しては審査そのものに大きく影響してきますので住宅ローンの申し込み前には全額の返済をお勧めします。

そのほかの審査基準としては以下のものがあります

◇ 年齢
申し込み時の年齢が20歳以上で最終返済時の年齢が80歳までの人。

年収
安定した収入が見込まれる人。年収によって返済可能負担率が違ってきます。
300万円未満 ・・25パーセント以下
300万以上400万未満・・30パーセント以下
400万以上700万未満・・35パーセント以下
700万以上      ・・40パーセント以下

勤務先
会社の規模、雇用形態、などをみます。親の会社に勤めているなどの場合には会社も審査の対象となります。

勤続年数
原則として3年以上とされています。できれば5年以上が望ましいです。

現在のローン状況

資産状況
頭金や諸費用にあてるための資金がどれくらいあるのか審査します。

社会保険の加入状況
原則として社会保険または国民保険に加入していないと融資を受けることができませんなぜなら退職後も返済が続くことを前提として審査をするためです。

210

住宅ローン銀行別の審査基準を知りたいときは?

住宅ローンを借り入れるときに一番気になるのは審査に通るかどうかという問題です。

はたして今の年収で住宅ローンをいくらくらい借りることができるのか。自分の勤続年数や収入で審査に通るのかかなり不安になる方も多くいらっしゃることでしょう。

また実際に住宅ローンの審査に落ちてしまったという方は、いったい何が悪かったのか、どんな基準が通らなかったのかを今後のためにも知りたくなるのは当然のことです。

しかし、一般的には住宅ローンの審査基準はほとんど公表されていません。具体的な金額が明示してある銀行もありますが、それはあくまでも下限であることがほとんどですからどれくらいなら十分なのかという判断も難しくなります。

ここで銀行別に明示されている範囲で住宅ローンの審査基準を調べてみました。

新生銀行

新生銀行の住宅ローンは当サイトもおすすめの条件のよい住宅ローンですが、条件がよいだけにその分審査はしっかりと基準を満たしておくことが必要になります。具体的には、就業年数2年以上、年収300万円以上とされています。これはあくまでも下限ですから、この基準を満たすことが申し込みのスタート地点になります。その点には注意が必要です。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行住宅ローンの場合は金額は明示されていません。年収の条件を見ると安定して継続した収入があることとされています。金利が低く抑えられ、そのほかの条件もトップクラスにいい住信SBIネット銀行の住宅ローンですから、300万円から400万円の年収は間違いなく必要になるはずです。また安定と継続というのも大事なポイントになるでしょう。

■ 楽天銀行フラット35

フラット35の場合には年収の上限ではなく借り入れる金額の年収に対する割合が決まっています。具体的には、年収に占めるすべての借り入れの年間合計返済額の割合が、年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上の場合35%以下となっています。ですから年収300万円の方の場合その30%の90万円が年間の合計返済額の上限となります。これは住宅ローン以外のローンの返済額も含まれた金額です。

ほかにもイオン銀行は連続就業6ヶ月以上、100万円以上の安定収入があることとなっているなど、銀行によって審査基準は異なります。また上記のように一般の住宅ローンとフラット35も審査基準は異なっていますから、複数の銀行の審査を申し込むことも重要なポイントになります。

118

住宅ローンの事前審査と本審査の違いとは?

住宅ローンの審査には「事前審査」と「本審査」と2種類あり、両方ともに通らないと住宅ローンを受けることができません。

では、事前審査と本審査の違いって何なのでしょうか?

まず、「事前審査」ですがこれは住宅ローンの融資を行う金融機関によって行われる審査です。

よく言われる「住宅ローンの審査基準」に該当するのはこの金融機関の審査のことです。

ここでチェックされることは、申し込み時の年齢、年収、他での借入の有無など主に返済能力を見られます。

そしてこの段階で、たいていは信用保証会社への打診も行われます。

信用保証会社とは、住宅ローンなどの融資を受ける際にその借入金に対しての保証を行う会社です。

一般的にお金を借りる際には、「保証人」を立てますよね。その保証人の代わりになってくれるのが「信用保証会社」になるわけです。

もちろん信用保証会社も、返済が滞ったときには金融機関から債権を引き取り、代わりに支払うことになるので、返済能力や住宅の物件としての担保価値などを金融機関と同様に厳しく審査します。これが本審査と呼ばれるものです。

事前審査とは融資を行う金融機関が行い、本審査は融資を保証する信用保証会社が行うものです。

一般的には、事前審査で虚偽の報告などがなければ、本審査にも通ると言われていますが、絶対に通ると保証されているわけではありません。

事前審査の内容にウソがあった場合や、借りる側に大きな変化があった場合(転職、失業など)は審査に影響が出て住宅ローンの利用は困難になってくるでしょう。

以上が事前審査と本審査という2種類の審査の大きな違いになります。

住宅ローン選ぶなら?

じぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

じぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

au住宅ローン

  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印

au住宅ローン公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン

  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ