住宅ローン審査研究

住宅ローン審査は借金で落ちる?借入れの影響!【審査基準は?】

イメージ写真

住宅ローン審査に他社からの借入れの影響はある?

なるべく少なくしたい他社からの借り入れ

これから住宅ローンを申し込みたいと思っている方がいちばん気になるのが審査に通るのかどうかという問題ではないでしょうか。はたして自分の年収は足りているのか?今の収入でいくらまで借りることができるのか?

そして借金の問題はいちばん影響があるのは間違いありません。自動車のローンや、カードローンなど他の金融会社から借り入れをしているという方も少なくないはずです。

銀行というところは、ハッキリ言って他社からの借り入れがある人を嫌う傾向にあります。その借り入れが、自動車ローンや教育ローンのように、目的がって必要となるローンならまだしも、同じ銀行の銀行カードローンや、クレジットカードになると影響が出てきます。

これが消費者金融や流通系のカードだったら、その借り入れが原因で住宅ローン落ちた原因になると言っても過言ではありません。

したがって、住宅ローン審査に申し込む時は、自動車ローンや教育ローン以外の借金は、すべて完済しておくのがベストです。

また、クレジットカードのキャッシングも消費者金融からの借り入れと並列に見なされるケースもあるので、こちらも完済しておく必要があります。さらにいえばキャッシング枠を0にしておけばより問題はすくなくなるでしょう。

ただし、クレジットカードを何枚も持っているのは考え物ですが、キャッシング機能を使わずショッピングの利用だけなら、1,2枚程度、取っておいても問題はありません。できるだけクレジットカードの枚数は減らしておくことをおすすめします。

他社からの借り入れは、真っ先に整理!

そもそも、他社からの借金があるということは、年収が高くても毎月返済が発生するので、確実に収支に影響します。

たとえばフラット35の年収の基準は「年収に占めるすべてのお借入れ※の年間合計返済額の割合(=総返済負担率)が次の基準以下であること。」となっています。ここで書いてあるすべてのお借入れとは住宅ローン以外の借入れを含むため他での借入れが審査に直結するのです。

運よく、住宅ローン審査に通過したとしても、返済は続くため後の生活に影響が出ますから、「借り入れやローンの利用は、最低限に!」をモットーにしましょう!こうした他社からの借り入れは、銀行に住宅ローンの相談に行く前に済ませておきましょう。

なぜなら銀行では、他社からの借り入れがない人=自分の収入に見合った生活をしている人、と見なす傾向が強いので、審査が始まる前段階から、担当者の心象をよくしておいたほうがいいからです。

083

消費者金融からの借金の審査への影響は?

消費者金湯からの借り入れは、絶対にNG!

他社からの借り入れを忌み嫌う金融機関ですが、中でも一番嫌うのが、消費者金融からの借り入れです。住宅ローン審査に落ちた人の中には、この事実を知らずに申し込んで、すぐにNGになった方もいます。

そもそも、消費者金融から借り入れをしているということは、たとえ高収入であっても、自分の収入内でやりくりができない、金銭管理能力がない人と見なされてしまいます。しかも、年収が低い人であれば、住宅ローンの返済が圧迫されるでしょうし、年収の高い人であれば、金遣いが荒いと見なされてしまいます。

どんな理由があっても、銀行の受付と審査担当者は別なので、消費者金融からの借り入れがある以上、住宅ローンの審査には100%通過しない、と考えてもよいかもしれません。消費者金融から借り入れがある人は、銀行の相談窓口に行く前に、完済することが重要です!

クレジットカードのキャッシングも同類?
消費者金融ほどではありませんが、クレジットカードのキャッシングも、銀行や信用金庫は嫌います。理由は同じで、毎月の収入内で生活できない人が、住宅ローンを組んだら、いずれ、支払いができなくなる可能性があるからです。

クレジットのショッピング利用は問題ありませんが、キャッシング利用分も必ず完済してから、住宅ローンに申し込むようにしましょう。上でも書きましたが、キャッシング枠が存在するだけですでに借金があると判断される場合もあるといわれています。

また、クレジットカードを何枚も持っている人がいますが、これも上記の理由から不要なカードは解約して、1,2枚に留めておくことをおすすめします。

042

住宅ローン審査に配偶者の借金は影響する?

宅ローン審査で金融機関はどこまで調査する?
ここまでにまとめたように銀行や信用金庫の住宅ローン審査部署は、他社からの借り入れを極端に嫌います。

それは、借金があると住宅ローンの支払いに差支えが出る恐れがあるということ。さらには、借金をする人は自分の収入だけでやりくりができない人=金銭管理能力がない人、つまり長期間にわたって返済を行うことができる信用がない人と見なされるからです。

したがって、住宅ローンの申し込み時には、クレジットカードや自動車ローン、教育ローンなど、他社からの借り入れ額を申告します。このときに調査されるのは申し込み者本人の借り入れだけです。

万一、配偶者に他社からの借り入れがあったり、自己破産、任意整理、クレジットカードなどの支払い遅延があったりしても、 それはチェックされませんので、住宅ローン審査に落ちた理由にはならないことが多いとされています。

ただし、本人の他社からの借り入れ額は、信用情報機関などを通じて正確な額がチェックされるので、申込書に記入する額とズレがないようにしましょう。

申告金額と銀行がチェックした金額に大きなズレがあると、過少申告していると見なされて、住宅ローン審査に落ちた人もいるので、要注意です!

配偶者との共同名義の時は、チェックあり!
住宅ローンは、個人単独ではなく、配偶者の収入と合算して申し込むこともできます。

この場合は、申し込み者すべての信用情報がチェックされるので、配偶者に他社からの借り入れがあると、審査に大きく影響してきます。

なので、共同名義の住宅ローンを組む前には、かならず配偶者の借金も最低限にして、クレジットカードのキャッシングもすべて完済しましょう!この共同名義は、親や兄弟とも組めるので、その場合の他社からの借り入れも同じ扱いになります。

住宅ローン選ぶなら?

auじぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

auじぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン

  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ