住宅ローン借り換え

住宅ローン借り換えとは?借り換え手続き!【メリットは何?】

住宅ローン借り換えとは?

023
住宅ローンとは、家やマンションの購入資金を金融機関から借り入れをすることですが、最近は住宅ローン借り換えをする人が増えてきています。

住宅ローン借り換えとは、金融機関で住宅ローンを借りて自宅を購入し、その返済途中に他の金融機関から再度住宅ローンの借入をしてもとのローンの借入を返済。その後はB社に新しい住宅ローンの返済をしていく事をいいます。

例えば、A社から1000万円の借り入れを行っていたとしましょう。返済を続けて残りが800万円だとすると、B社から800万円を借入してこの800万円をそのままA社に返済して、その後は800万円をB社に返済していくことになります。

なぜ、わざわざこんな面倒な事をするのかという事ですが、それはズバリ利息を減らす為です。仮にA社の金利が3%とすると現在の金利水準では非常に高くそれだけで他の銀行から借りるよりも返済額が膨らんでしまいます。

ここでB社の利息が1.5%だったらどうでしょうか。B社の住宅ローンに借り換えることで最終的な返済額が減ってきます。1.5%金利が違うだけであったとしても、借入金額の大きい住宅ローンにおいてはこの1.5%の差がとても重要になってくるのです。

今現在、住宅ローンの借入を行っており金利がちょっと高いかなと感じている人は、一度他の銀行の金利を調べて借り換えを検討してみて下さい。


一般的に元のローンと新しいローンの金利差が1%以上あり、残りの返済期間が10年以上、そしてローンの残高が500万円~1000万円以上ある場合住宅ローン借り換えの効果がはっきりと現れるといわれています。

この条件に当てはまれば借り換えた方がお得なのです。

また手数料などの諸費用や、サービスなどの細かい条件によっては上記の条件に当てはまっていなくてもお得になる場合や、ローン期間を延長して返済負担が軽くなるものなどもあります。完済を目指してメリットの多い借り換えについてしっかりと研究してはいかがでしょうか。

注意しておきたい点として住宅ローンの借り換えは物件の担保評価がある為に、現在のローン残高があまにも多い場合は利用できない事もあります。

住宅ローン借り換えのメリットは?

024
マイホームを購入する際に、多くの方が組むことになる住宅ローン。

この住宅ローンにはさまざまな金利タイプのものがあり、申し込み時にはそのときに最善だと思えるタイプのローンを組むものですよね。

しかし、その多くが長期に渡って返済し続けることになる住宅ローンは、最初に選択した金利タイプやプランがその後もずっとその人にとって最適で最善であるかどうかはわかりません。

住宅ローン金利の変動や年収の大幅な増減、家族のライフスタイルの変化などによって、時と場合によっては借り換えた方がよいという可能性もあります。しかし、住宅ローンは借り入れ金額が大きいもの。

人から勧められたり、オトクになるというような安易な考えだけで、簡単に借り換えをしていいというものではありません。

まずは、住宅ローンを借り換えることによってどのようなメリットを得たいのかをしっかりと考えなければなりません。

では、住宅ローンを借り換えることによって得られるメリットとはどのようなものでしょうか。大きく分けて3つあると考えられます。

まず1つ目は住宅ローンの総返済額を軽減できるという点、2つ目は将来の金利上昇リスクを回避できるという点、そして3つ目は当面の月々の返済額を軽減できるという点です。

このように大きく分けて3つ考えられるメリットですが、残念ながらこの3つすべてを完璧に満たしてくれる住宅ローンというものを見つけるのは大変難しいと思われます。

そのため、住宅ローンを借り換える際には借り換えで得られるメリットの中からどの点を最も重視するのかを絞り込んだうえで、最適な借り換え向け住宅ローンを探す必要があるのです。

たとえば、毎月の住宅ローン返済額をどうしても減らしたいという場合には、現在組んでいる住宅ローンの残りの支払い期間よりも長期なローンに借り換えると、月々の返済額を減らすことが可能になります。

しかし、この場合は、総支払額が以前よりも増えてしまう可能性があります。また、現在変動金利型の住宅ローンを組んでいるけれど、将来の金利上昇で多くの利子を支払わなければならなくなるというリスクを避けたいという場合には、全期間固定金利型の住宅ローンに借り換えることが最善の方法となります。

このように、借り換えによってどのようなメリットを得たいかによって選ぶべき住宅ローンは異なってきます。

安易に金利の低いものに借り換えるだけでは、望んでいるメリットを得られない可能性もありますので、借り換えの際にはしっかりと検討をするように心がけましょう。

借り換えで毎月の返済額を減らすことができる?

031
家計に占める住宅ローン返済金額の割合が大きくて、なかなか生活に余裕が出ないという家庭は多いものです。

しかし、だからといって住宅ローンは返済をあと延ばしにすることはできませんよね。

マイホームを手放すことはできないけれど、何とかして毎月の返済額を抑えたい・・・。そんなときに有効的なのが、住宅ローンを借り換えることです。

住宅ローンは一般的に今よりもより金利の低いものに借り換えることで、総返済額を少なくすることを目的としていると思われる方が多いかもしれませんが、借り換えによって返済期間を伸ばすことができる銀行もあります。

これによって月々の返済金額をすくなくすることができるというメリットもあるんですよ!

現在借り入れしている住宅ローンと、金利タイプや金利の設定にあまり差がないと思われる借り換えローンであっても、中には返済期間を大幅に延長して最長35年借り入れ期間を伸ばすことができるというものが扱われるようになってきています。

こうしたものに借り換えると、確かに完済までの期間はかなり伸びてしまうことにはなりますが、その分毎月の返済額をグっと少なくすることが可能になるのです。

たとえば、現在1,000万円の住宅ローンを抱えていて、毎月の返済額が10万円(ボーナス返済なし)だと仮定しましょう。

これだと単純に計算すると完済までには約8年半となります。しかし、毎月10万円返済するのはなかなか大変なことですよね。

小さなお子さんを抱えていらっしゃるような場合は、教育費がかさむ時期と重なったりするわけですから、少しでも負担を軽くしたいと思うはずです。

そこで、金利タイプや金利設定は変わらないものの、返済額を毎月5万円にできる住宅ローンに借り換えをすると、完済までに16年半かかることにはなりますが、毎月の負担額はグっと抑えることができるようになります。

ここに挙げた例はあくまでも大ざっぱな例ではありますが、住宅ローンは返済期間を意図的に伸ばすという借り換え方法によって毎月の負担額を抑えることができるということはお分かりいただけたでしょう。

お子さんがある程度成長して家計に余裕が出てきたときに繰り上げ返済をすれば、大幅に伸びた返済期間も短縮することができるようになります。

借入れ期間を延ばしたぶんできるときには繰り上げ返済をしっかり行うというセットでの考え方をしてください。

このように住宅ローンの借り換えには、毎月の返済金額を少なくできるというメリットもあります。

借り換える住宅ローンのタイプや種類によってさまざまなメリットがありますので、今抱えている住宅ローンをどのようにしたいのかをまずしっかりと検討する必要があると言えるでしょう

住宅ローン選ぶなら?

じぶん銀行住宅ローン

  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)無料
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1
  • 三菱UFJ銀行銀行繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行口座がなくても申込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用の安さで総返済額を圧縮
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック

住信SBIネット銀行

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度指数1位
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
スペック

au住宅ローン

  • セット割でau通信サービスがおトクに
  • 三菱UFJ銀行出資だから安心
  • 業界最安水準の金利!
  • 最短10日で契約完了
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
スペック

イオン銀行住宅ローン

  • 年収100万円以上・安定収入あること
  • 就業連続6ヶ月・事業開始3年以上
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 繰り上げ返済は50万円から
  • 団信生命保険料・全疾病保険料は本人負担
スペック