フラット35

フラット35の金利比較の方法は?損しないコツ!【おすすめ銀行】

イメージ

フラット35金利の比較方法は?

住宅を購入する上でメリットの多いフラット35ですが実は金融機関ごとに毎月金利が変動します。

フラット35は審査についてみてみると通常の住宅ローンの審査以上に時間がかかる傾向にあるので早めに申し込む必要があり、金利については融資実行時のものが適用されるため今後の金利の推移の予想などを参考にしながら金融機関や時期を決めるのが正解です。

そして大事なことですが、フラット35はそれぞれの金融機関によって金利が異なるため、いちばんお得に借り入れるためには金利比較が必要になるということ。逆に言えば適当に銀行を選んでしまうと損をしてしまうこともあるということになります。

そのためフラット35住宅ローンを借りたいと思ったら毎月正しく金利比較をすることが必要になるのです。

フラット35は35年という長い期間で返済していくため一般的な住宅ローンよりも金利が高くなることも以前はあったのですが、2016年6月現在、総合的に比較しても一般の住宅ローンよりも金利は低くなっています。

景気の不安定な現在の状況では長期間金利が固定されているため安心感もあります。また、団信保険関係が任意になっている為、実際の金額と変わる要因にもなるので保険の条件なども詳しく検討する必要があると思います。

保険の検討は一般の住宅ローンにも言える事で保険料は無料と言っておきながら利息に上乗せされていたりするケースもあり細かく情報を取得する事は大事な事です。

またフラット35を借りる銀行を選ぶ際には金利比較と同時に諸費用の比較も行いましょう。事務取り扱い手数料も銀行によって異なるため、金利が安くても手数料を含めた諸費用が高くなって結果的に損をしてしまった、などというケースも考えられます。

ですから、フラット35金利比較を行う場合にはそれに加えて諸費用比較も行ってください。ランキング形式で銀行を紹介しているサイトでもこの点をあまりしっかりと考慮していないことが多いので、本当にお得な銀行を探している方は当サイトのランキングをぜひ参考にしていただきたいと思います。

1006

フラット35を金利一覧で比較する!

フラット35は取り扱っている金融機関ごとに金利が異なります。フラット35という同じ名前の住宅ローンなのですが、金利は銀行によって違うのです。

そのためあなたが選んだ銀行によっては実は総返済額で大きく損をしているということも起こり得ます。

フラット35を借りる場合には銀行選びをしっかり行う必要があるのです。

金利は毎月見直しがされているので、以前見た時と申し込み時の金利が違っていたという事もあります。

また、フラット35においては融資を申し込んだ時の金利が適用されるのではなく、融資が決まって実際に融資が実行される月の金利が適用されるので、シミュレーション通りに返済が出来ない事もあるので、これを頭に入れておきましょう。

たとえば2016年に入ってフラット35の金利は大きく下がりました。ここ数ヶ月の金利変動の大きさでは融資実行のタイミングだけで、総返済額が100万円単位で変わってしまったという方もいらっしゃるのです。

フラット35の場合金利の一覧表を作って比較をすると、どこの金融機関が良くてという事も分かります。ただこれはあくまでも銀行選びの参考程度にするのが正解です。

ただ、現在の金利が大きく変わってしまう事は稀なので、フラット35の比較を行う時は必ず金利もチェックする様にして下さいね。融資時の金利が申し込み時と一緒という事はないですが、一般的にはそれほど大きく変動することは少ないといえます。

「えっ?申し込み時の金利と違うじゃない!」と後悔しない方法

基本、申し込み時と融資時の金利が大きく開くという事は無いですが、金融機関によっては、この様な状態になってしまう事もあるので注意が必要。まず、金融機関を選ぶ時に気を付けて欲しいのが、申し込みから融資開始までの期間です。

この期間は金融機関によって異なっているのですが、申し込みから融資開始までの日数が多い金融機関は避けた方が良いです。なぜなら、期間が空く分金利の変動の可能性が高まるからです。その為、申し込み前に行ったシミュレーションとは大きくかけ離れた返済金額になってしまう可能性もあります。

フラット35の比較をする時には、融資開始までの期間を確認して、なるべく期間の短い金融機関を選べば、金利差を少なくする事が出来ます。

住宅ローン選ぶなら?

auじぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印

auじぶん銀行公式ページへ

 

住信SBIネット銀行住宅ローン

  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
スペック表
矢印

住信SBIネット銀行公式ページへ

 

楽天銀行フラット35

  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印

楽天銀行公式ページへ

 

イオン銀行住宅ローン

  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印

イオン銀行公式ページへ